FC2ブログ

アキラ&ヒマワリの調教日記

普通のカップルの普通じゃない性癖…

 

沢山のリクエストありがとうございます。

皆様、色々なリクエストありがとうございます^ ^
その中で気になった2つが、オンプさんの鬼ごっこ的なやつと、斎藤さんのぶっかけプレイ!
この2つ組み合わせてやろうかなと。
少し、アキラでアレンジします^ ^
オンプさんの、リモバイと鼻輪を装着して、どこかの施設もしくはテーマパークなどに行き、ヒントなどを出しながら歩きます。
アキラ的には牧場なんかいいかなって思います。同族の豚さんもいますしね。笑
見つけて頂いた方には、その場でヒマワリの身体に一言ずつ落書きをして頂こうと思います。
その後、ホテルに移動し、部屋にて全頭マスクを被せて拘束。
口ま○こ肉便器として設置し参加者様に思う存分使って頂いてから、・口ま○こ・顔・身体と全身にザー汁かけて頂きます^ ^
最後に、皆様すっきりしたら、全員の小便をかけて頂いて終了とします。
実行予定日と、もう少し詳しいルールや参加者募集方法は別でお知らせします^ ^
採用されたお二人には何かプレゼントしたいのですが、お二人のお住まいや時間の都合などもあると思うので、話あって決めようかなと^ ^
非公開で構いませんのでメールアドレスを教えて下さい。
ちなみに、こちらからはPCメールを使って送るので、受信設定によっては、受け取れない可能性がありますので解除しといて下さいね^_^
もしくは、PCメールのアドレスをコメントで頂ければ、そちらのがお互い楽だと思いますので、PCメールお持ちであれば、そちらのメールアドレス教えてください。
あー、早く夏こないかなぁーw

 

リクエスト企画

以前に一度やった気がしますが…
新しい刺激を求めて、何かリクエスト企画でもやろうと思います(´-`).。oO
こんな事やって欲しいとか、こんな事やってるとこ見たいってのをコメントでお願いします^ ^
採用した方には、何かプレゼントしようかな…
んー何がいいですかね…
一日、肉便器使用権とかどうでしょう?
あー、でもお住まい遠い方だときついしなぁ…
プレゼントは採用された方に合わせて変えますか^ ^
それでは、皆様なにかいい案があればどしどしコメントでお願いします!

 

ホテルマキシム

撮り溜めてる写真の中から、この時のプレイ良かったなぁって思ったプレイを書きます(//∇//)
以前に所沢にあるマキシムに行った時の物です。
まずは恥ずかしい姿で拘束。


少しイタズラします。

単独さん我慢できずに、ヒマワリの口ま○こを犯しはじめました。


んんんーーーー!!と言いながら…
ビクビク痙攣しながら、ジョボボボボと音がします。
漏らしてました。
ち○ぽで無理矢理、喉奥犯されてお漏らしです。

そんな変態マンコにはお仕置き。
電マを吊るし、逝き地獄放置。
男性は鑑賞しながら談笑します。

そろそろヒマワリの下の穴も使いますか。
という事で、男2人は椅子に座り、お前が動いて気持ちよくさせろ。と命令。
アヘ顔ダブルピースがよく似合うなぁ…

椅子に座り全く動かない男に、一心不乱に上下運動してます。

尻を叩かれながら、喘ぐ雌豚。
「ブヒィブヒィ、ふごぉぉ」
自ら上下の穴の奥まで出し入れして、痙攣アクメ。

ほら、もっと使ってやるからベッド行くぞ。

やはり、ヒマワリの便器穴は最高ですね。
使い終わった肉便器の姿。
気持ちよさそうにピクピクしてます。

いやー、ブログ書いてるとやっぱり性欲がどんどん湧いてきますねw
余談ですが、皆様はヒマワリはショートヘアのイメージが強いと思います。
それが空白の2年により長くなりましたw
若い方には不評なのですが、30超えの男性には好評です。笑
可愛いから綺麗で色っぽくなったかなと思います(//∇//)
そのうち、ログヘアのヒマワリもUPしますね(*゚∀゚*)
それと読者様にお聞きしたいのですが、うちのブログみたいので、ちょいエロな記事って有りだと思いますか?
例えばヒマワリとデートしてる時のちょっとしたエロだったり…
どうでしょう??

 

感謝祭3

皆様、お待たせしました。
感謝祭最終章です!
ってあれから、どの位たっているのでしょうか…
長い期間、ブログを書いてないので上手く書けるかなぁ…
とりあえず、参加者様とアキラとで、ヒマワリに落書きするところからスタート。


まずはヒマワリを椅子に拘束して、色々なオモチャで遊びます。

口からは涎が垂れ流し状態。
使い古された真っ黒なマ○コ。
一体どれだけのち○ぽに使われたのか…
そんな底無しの雌豚には、こんな事もご褒美でしかありません。

男達に好きな様にバイブを出し入れされ、喜ぶヒマワリ。
適当に愛もないピストンで感じる雌豚。
ほら。気持ちいいんだろ?
「きもひぃーでふぅー!、もっろもっろズボズボして雌豚ま○こ壊してぇ~」
お前の気持ちよくわかったよ。
壊してやるよ。

電動ノコギリの先をディルドに改造したオモチャで何度も何度も強制アクメ…
「ひぃぎぃぃぃぃーーー!!いぐぅっ!いぐいぐいぐぅぅーー!おま○こ壊れるぅーーー!おほぉぉーー。またいくまたいっぢゃぅぅー…いくのとまらないぃーー。んほぉぉーーーーー。」
自分だけ気持ちよくなりやがって、ほら口開けろ。
いよいよ、肉便器として使って貰えると思ったのか、硬く反り立ったち○ぽをみて、自ら口を大きくあけ、「口ま○こ使って下さい!!」と懇願。

下の穴も上の穴も男の人達に好きな様にされて段々と理性も飛んでいき、もはや女の喘ぎ声はほとんどなくなる。
「ぶひぃ~。おち○ぽ~おち○ぽ~。おいひぃぃーー。んほぉぉ~いっぐぅぅーーー!!」
痙攣しながら喉奥まで犯されているヒマワリ。
もうみんなビンビンです。
椅子から解放し、布団へ…
すぐさま、おち○ぽにむしゃぶりつくヒマワリ。
「おち○ぽ大好きぃ❤︎」と言いながら自ら喉奥まで咥え込み、淫汁垂れ流し状態…

次々と上下の穴を犯されて、徐々に精神も崩壊していく姿がたまりません。
男達の性欲のはけ口の為だけに存在していると自覚し、女である事をすて、快楽にのみ身を任せると女と言うものはここまで狂う事ができるのですね…

もっと鳴け。もっともっと。


もっと壊れてしまえ。完全に壊れるまで。


そして…
どこかで、プツンと飛んだのでしょうね。
完全に人間ではなくなったのでしょう。
喘ぎ声とは程遠い、「んほぉぉー、ぎもぢぃぃーー。おほぉ~、んぎぃぃーー!!」
何度も何度も絶頂に達し、遂に人格完全崩壊状態のヒマワリです。

何時間にもわたり性処理肉便器として使われ続け…
何発も何発もザーメンをだされ…

溜まりまくったザーメン。
一体どれだけ射精したのだろう…
男性陣側が休憩する事に…笑
ヒマワリ、お前は化け物だよ。可愛いヒマワリ、お前は本物の肉便器だね。
そんな思いにふけりながら、一服している男性陣をよそに、1人で勝手にオナニー…
「もっとぉ~。もっと、ヒマワリ淫穴犯してぇ~❤︎      めちゃくちゃにしてぇ~」


我慢できなくなり、自ら男達の方へ、まだ元気の残ってるアキラのち○ぽにむしゃぶりつきます。
早くいれてと言わんばかりに、ジュポジュポ…
ジュルジュルと卑猥な音を立ててご奉仕。


それを見てまた元気になる参加者様。
ほら。行くぞと布団につれていかれ、また犯される。

使い過ぎて、ガバガバだなこりゃ。
おら!マ○コ締めろ!と言われながら首を絞められ、またアヘ顔晒してアクメするヒマワリ。
男達に使われ続け何時間たつだろう…
やっと解放され、流石のヒマワリもグッタリ。
でも、どこか幸せそうに見える表情が愛おしくてたまりません。

ヒマワリ、お疲れ様。
今回もとても良かったよ。
凄く卑猥で凄くエロくて、可愛いヒマワリを見れてよかった。

終わり。
参加者様へ
あれから随分と時がたってしまいましたが、やっと最終章書けました。
その節は本当にありがとうございました。
また、これからもよろしくお願いします(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

再開します。

皆様、お久しぶりです。
アキラです。
ブログ更新再開しようと思います(^^)
仕事とプライベートと忙しいのもありましたが、そもそも自分達が楽しむ為にブログを書き始め、気がつくと仕事の様に更新していました。ブログのために新しい事しなきゃとかブログのためにエロ遊びしなきゃとか考えていた時、ん?何か違くないか?と、なってしまい一旦やめてしまいました(*_*)
まぁ、感謝祭くらいは書ききれよって感じですよね。笑
ともかく、未だに見ている人がいる事が嬉しかったり、お怒りのメールが来たり、エロ遊びの意欲がまたかなり強くなってきたりと、色々変化があり、再開しようと決めました。
風の噂で、アキラ&ヒマワリは終わったと囁かれているようですが、細々と遊んでますよ!!w
という事で、再開の挨拶とさせて頂きます。
あれからいままで更新を待って頂いていた方へ…
なんの前触れもなくやめてしまって申し訳ありません(´;ω;`)
また淫乱雌豚肉便器ヒマワリで抜いてやってください。

 

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

akira

Author:akira
アキラ:28歳 自営

ヒマワリ:28歳の看護師(皆んなの変態雌豚肉便器)
身長150
体重40
バストはAで微乳…いや、美乳。w

初めは、SEXすら嫌がっていたヒマワリ…今では、淫乱肉便器に…

僕の性癖に懸命に応えてくれる、Hなヒマワリを僕だけ楽しむのはもったいないと思い作りました。
ヒマワリがより、淫乱になっていく様をご堪能下さい。

下手くそながら、UPしていきますので、応援よろしくお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター